交通事故で弁護士を頼った方が良いのは本当?

Q、これまで交通事故などを起こしたことはありませんが、万が一事故を起こしたり、事故の被害者になってしまったときにはすぐにでも弁護士を頼った方が良いと言われました。

つい先日先輩と話をしていた時にこのように言われたので何故かと聞いてみると、弁護士を頼ったほうが保険会社や加害者とは話もスムーズに運ぶし最終的にもらえる賠償金なども多くなると言っていました。
先輩の知人の話によると、弁護士を頼んだことによって過失割合も当初保険会社から言われていたものではなく、先輩の知人が主張した過失に収まったため、その分沢山の賠償金額が支払われたということでした。
実際に事故を起こしたわけではありませんのでどうなるのかという部分が詳しくわからないのですが、今後車の運転をしていく中で事故が起きてしまったり、事故を起こしてしまった時にはすぐに弁護士を頼った方が良いのでしょうか?

でも、弁護士さんにお願いするということはやはり費用が必要になってきてしまうので、そういった部分まで負担することを考えると単純に保険会社に任せて事故の内容を解決したほうが良いのではないかとも思っています。

A、特別問題がなければ、弁護士さんを頼る必要がありません。ただ、実際のメリットはたくさんあります。

交通事故というのはお互い何保険に加入している状態であれば、比較的スムーズな解決ができることもあるので特に問題がなければわざわざ弁護士さんを通す必要はないかもしれません。
前述の内容にもある通り、過失問題について納得がいかなかったり、その他にも賠償問題についても納得がいかないようであれば早めに弁護士さんを頼ったほうがスムーズな話し合いができるのは間違いありません。
これはなぜかというと、多くの保険会社がどのような場合であっても最低限の支払いで済ませたいと思っているため、十分な治療が受けられなかったり、十分な慰謝料が支払われなかったりすることがあるからです。

このような状況の中、弁護士さんを間に立てることで医療機関側としても簡単に症状固定としての診断をしてしまうのではなく、必要最低限の検査をしてくれたり、後遺症についても細かな検査をしてくれたりするような傾向にありますので、弁護士さんからの指摘がなく、特に後遺症についての検査なども受けないままで示談を成立させてしまうと万が一後遺症として認められる症状があった場合にも被害者は損をしてしまうことになります。
弁護士さんはこのような部分に対し的確なアドバイスをしてくれます。

また被害者のメリットになるようなアドバイスも行ってくれるので、こうした意味では、保険会社に任せるだけよりも多くのメリットがあるといえるでしょう。
さらに最終的に支払われる慰謝料問題については弁護士基準で計算する金額が一番高いものとなっていますので、同じような内容について慰謝料を計算するといった場合であっても保険会社だけに任せるよりも弁護士さんを通じて計算してもらっ方が被害者として得をするメリットもあります。
特に交通事故被害者となってしまった場合には様々な部分で納得のいかないことなどが出てきてしまいますが、このように納得がいかない部分について保険会社に押し切られてしまうような可能性もありますので、弁護士さんを頼っておけばこうした部分での心配はなくなるでしょう。
万が一保険に加入していなかったという場合であっても、やはり当人同士の話し合いだけではスムーズにいかない部分がありますから弁護士さんを頼りながら、そこでの賠償問題や過失割合などについても早い段階から話し合っていくと良いです。
任意保険に加入しているのであれば、万が一に備えて弁護士特約を付帯させておくと弁護士に相談する費用などについては保険会社から支払われるものとなっています。